ブログ内検索



朝起き上がったらすること?



ベッドから起き上がってからはいわば朝のルーティンが一つ一つと行われます。

ベッドからまたは寝床から起き上がって出て来たら、次には何をしますか。
人それぞれかと思いますが、
大抵は洗面室に行って洗面したり、同時にトイレが近くにあれば、
トイレを済ませ、そして歯を磨く人もいらっしゃるでしょう。

この朝起きてから歯を磨くということの意味がわたしには
長らく分かりませんでした。
歯を磨くのは食後と決まっていると常に思っていたからです。
朝歯を磨く人たちの心の中がどうなっているのか、その動機が分かり兼ねていました。

朝起きたら、歯を磨きますか?
わたしは相変わらず、歯は磨かない、でも自分を磨きたいとは常に思っている。
顔クリーム使うようになった。以前だったら考えたこともなかったのに。

ちょっとしたきっかけで、朝の歯磨きについて思い出す。やはり気になるのかも。
歯ブラシが目の前に置いてあることに意識が行く、
いつもとは違ったことをやり始める。
なぜか今回はつい手に取ってしまった歯ブラシ、
口の中が何となくむしゃくしゃしていて気分よろしくなかったので口の中、
掃除する意味で歯を磨いたとか。うがいもついでにやってしまった。


朝のルーティンを終えた後、
いつもの通り、朝食を取るためにと足はキチンに向かう。
朝食を抜く人もいるそうだが、私は抜かない人たちの一人だ。

ドアを押して開けて入ってゆくと、、、、
やっぱり、わがベターハーフが既にテーブルに一人で腰掛けていた。
朝食は既に済んでいたようだ。

わたしは遅れて起床したから、朝食も遅れて取ることになった次第。
時に一緒に起床することもないこともないが、
起床後、朝のルーティンが全く同じように並行してこなされてゆくとは限らない。
男女の違いとも言えようか。

起床後にシャワーを浴びる人いるらしい。
また朝シャンをするとか。
わたしは殆どシャワーを浴びることはないが、
浴びるとしたら就寝前である。シャンプーも。

時に起床後の体に疲れが残っていて、更には部屋の温度が下がっていて、
寒さだるさを感じるので、体を温める意味でもホットシャワーを浴びて、
心身共に完全に目覚めさせる。

さて、キッチンへと入って行って、言った。
 ”Guten Morgen!”

テーブルに向かって腰掛けていたベターハーフは朝の挨拶に応じたが、
心なしかかすれ声、積極的な反応とは感じられない、見えない。
よく眠れなかったのか。

もう一度、元気に言ってみた。訊いてみた。
 "Guten Morgen! Gut geschlafen?"

 "Bei mir schon."

一度挨拶したならば、それでもう良いということなのであろう。
何か映画のセリフ、朝の挨拶の練習をしているわけでもあるまい。

監督の思い通りのシーンになっていないので、やり直したつもりだったのだが、
相手はあまり乗り気でもその気でもないようだ。


続きを読む
posted by austrian at 22:40 | オーストリアでの日々
スポンサーリンク