ブログ内検索



ある年の夏のお隣さんたち

今年2017年の夏も暑い。が何年か前のヨーロッパ、そしてオーストリアの夏。
とても蒸し暑かった。

夜になっても蒸し暑さは引かずに続いた。蒸し風呂に入っているかのようであった。
サウナに行かなくても、サウナに入っている気分は服を纏ったっままで体験出来てしまっている。
だから上半身裸の人もたくさん見られる。

じっとしているだけでも汗がじわっと滲み出てくる。
自宅にクーラーといった豪華な電気製品はない。

涼しく感じるためには日本に一時帰国した時、
渋谷の街中を久しぶりに歩いていたら若いお兄さんが団扇を配っていた。
無料で呉れるらしいので貰ってきた。どこかの携帯電会社の広告が塗り込められていた。
が私には関係ない。目的は一つ、自分の力で風を作って涼しくなれるだろうということ。
その持ち帰ってきた団扇を使う。
または炭酸ガス入りの、冷えたミネラルウォーターを飲む。
頭脳の後、小脳というのだったか、キーンと痛むほどに効いているかのように感じる。
脳を冷やしたいのではないのだが。

夜になった。


いつもの就寝時間がやってきていたから、毎日の習慣としてベッの上、寝転がった。
寝入るのをただ待っていた。

目を瞑ったまま息を凝らしてじいっと待っていた。
蒸し暑さはベッドの上も中も同じであった。
寝転がっていようが起き上がっていようが、蒸し暑さは平等であった。

寝入るのを辛抱強く待っている。と蒸し暑いから開け放ししてある寝室の窓、
そしてお隣さんのお庭から断続的に、そして突発的に談笑声が飛び込んで来る。

聞こえてくる。
寝入るまで耳を澄ましているわけではないが、
耳の感度がとってもよくなっているのが分かる。
聞きたくはないと思っても聞こえて来てしまう。

寝入れないのはこの夜になっても蒸し暑さが続いていることだけが理由ではない、
自分自身肉体的に疲れていないからもしれない。
と同時にお隣さんからこの枕元の耳にまで聞こえてくる話し声、笑い、
そんな騒音が邪魔してくれている、災いになっている。そう思った。

蒸し暑いのはお互い様。
お隣さんたちとしては蒸し暑いからベッドへと行く時間を遅らせているのだろう。
どうも知り合いやら親戚の人たちが今晩は泊まりに来ているようだ。
明日は週末ということか、仕事に出掛けることもない、ゆっくりとしていられる。
彼らたちの深夜での会話が考えてみると延々と続いている。



続きを読む
posted by austrian at 01:22 | オーストリアでの日々
スポンサーリンク