ブログ内検索



朝起き上がったらすること?



ベッドから起き上がってからはいわば朝のルーティンが一つ一つと行われます。

ベッドからまたは寝床から起き上がって出て来たら、次には何をしますか。
人それぞれかと思いますが、
大抵は洗面室に行って洗面したり、同時にトイレが近くにあれば、
トイレを済ませ、そして歯を磨く人もいらっしゃるでしょう。

この朝起きてから歯を磨くということの意味がわたしには
長らく分かりませんでした。
歯を磨くのは食後と決まっていると常に思っていたからです。
朝歯を磨く人たちの心の中がどうなっているのか、その動機が分かり兼ねていました。

朝起きたら、歯を磨きますか?
わたしは相変わらず、歯は磨かない、でも自分を磨きたいとは常に思っている。
顔クリーム使うようになった。以前だったら考えたこともなかったのに。

ちょっとしたきっかけで、朝の歯磨きについて思い出す。やはり気になるのかも。
歯ブラシが目の前に置いてあることに意識が行く、
いつもとは違ったことをやり始める。
なぜか今回はつい手に取ってしまった歯ブラシ、
口の中が何となくむしゃくしゃしていて気分よろしくなかったので口の中、
掃除する意味で歯を磨いたとか。うがいもついでにやってしまった。


朝のルーティンを終えた後、
いつもの通り、朝食を取るためにと足はキチンに向かう。
朝食を抜く人もいるそうだが、私は抜かない人たちの一人だ。

ドアを押して開けて入ってゆくと、、、、
やっぱり、わがベターハーフが既にテーブルに一人で腰掛けていた。
朝食は既に済んでいたようだ。

わたしは遅れて起床したから、朝食も遅れて取ることになった次第。
時に一緒に起床することもないこともないが、
起床後、朝のルーティンが全く同じように並行してこなされてゆくとは限らない。
男女の違いとも言えようか。

起床後にシャワーを浴びる人いるらしい。
また朝シャンをするとか。
わたしは殆どシャワーを浴びることはないが、
浴びるとしたら就寝前である。シャンプーも。

時に起床後の体に疲れが残っていて、更には部屋の温度が下がっていて、
寒さだるさを感じるので、体を温める意味でもホットシャワーを浴びて、
心身共に完全に目覚めさせる。

さて、キッチンへと入って行って、言った。
 ”Guten Morgen!”

テーブルに向かって腰掛けていたベターハーフは朝の挨拶に応じたが、
心なしかかすれ声、積極的な反応とは感じられない、見えない。
よく眠れなかったのか。

もう一度、元気に言ってみた。訊いてみた。
 "Guten Morgen! Gut geschlafen?"

 "Bei mir schon."

一度挨拶したならば、それでもう良いということなのであろう。
何か映画のセリフ、朝の挨拶の練習をしているわけでもあるまい。

監督の思い通りのシーンになっていないので、やり直したつもりだったのだが、
相手はあまり乗り気でもその気でもないようだ。


続きを読む
posted by austrian at 22:40 | オーストリアでの日々

家庭医の待合室にて待たされて



あるジョークを読んでいたら、世の中を渡り歩いて行く上での
ちょっとした知恵が実に上手く表現されていました。
私も次回、医者に行ったときには言って試してみようかと思った次第。

実はお医者さんの所に行くと結構待たされるのですよね。
私一人だけがやって来る訳でもないので、他の患者さんも同じように待たされている。
でも皆同じ時間、平等に待たされている訳ではない。


医者との診察のための会見は、いわば先着順。
既に何日も前から予約してある人は、その予約日、予約時間に来れば、
予約通りの診断等が受けられるというシステムになっているようですが、
予約なしでやって来る人たちもいます。

そういう人たちは朝の開院時間前には一番乗りといった風にドアーの前に
早々とやってきてしまいます。
患者さんがもう数人既に立っていることが多い。
早く来れば待たされることもないだろうと目論んでやって来ているのでしょう。
わたしも試してみたことがあります。



 もちろん、前以て予約なしに、その日、急に思い立って、”緊急”だ、
ということで直接医院まで自転車を駆って訪れる。歩いて行くという余裕はない。

でも自転車で来ようと、歩いて来ようと、現場の受付では一つの流れが作られていて、
その流れを横から止めるようなことは避けているようです。普通、割り込めない。



予約なしだと、経験上、少なくとも2時間は待たされる。
だらか毎回、待合室での時間つぶし用のツールを持参することにしています。

以前だったら目の前の低いテーブルの上に置いてあるその日の新聞を読んだり、
手垢で汚れた古い雑誌のページを繰ったり、そんなことにも飽きると、
無言のまま自分の名前が呼ばれるのを辛抱強く待っている患者さんたちは
同じように腰掛けている患者さんたちの一挙手一投足に意識が集中しているのか、
例えばわたしがポケットから何かを取り出そうとする所作を始めると、
こちらの方に一斉に注目するかのように視線を投げかけて、ポケットから
何を取り出そうとするのだろうかと関心を持っているような、それでも
無関心風に装いながらも神経はピーンと張っている。

 ポケットからピストルでも取り出して、
なんていういことも起こりえないこともないかも知れませんが、
だからそんなことを警戒して見ないようにしていながらもちゃんと
見ているのでしょう。

わたしとしては待ち時間を退屈したまま過ごしたくはないので、
ポケットからはピストルではなくイヤフォン取り出し、
両耳に差して、お目当てのオーディオブックを聞こうとします。

もう自分としては待合室で待っているということは忘れてしまいます。
目を閉じて、オーディオブックの世界に自分を誘い込みます。

患者としてやってきたのですが、それよりもドイツ語の話を静かに
耳を澄ませて聞くためにこの場を利用させて頂いているといった塩梅。




           *  *

カフカの Das Schloß を 初めて聞き始めていますが、
長すぎるというのか、けったいな、なんだか脈略がはっきりしない話というのか、
まだ一度も最後の最後まで聞き終わった試しがありません。

いつ終わるのか予定がつきません。結構長い話のような。
何度も聞き直したりして、同じ所を何度も聞いていることを思い出したり、
まあ、ヒヤリングの練習も兼ねていると割り切っているので、
繰り返し聞くことも別に苦痛ではありませんが。
繰り返してまた聞き直しているということも忘れてしまっている。


カフカの Das Schloß を読まれた方はいらっしゃるでしょう。
日本語翻訳で、ではなく、ドイツ語の原語のままでは如何でしょう。
最初の書き出し、聞き始め、こんな感じで始まります。

Es war spät abends, als K. ankam. Das Dorf lag in tiefem Schnee. 
Vom Schloßberg war nichts zu sehen, Nebel und Finsternis umgaben
ihn. Auch nicht das schwächste Licht deutetete das große Schloß an.
Lange stand K. auf der Holzbrücke, die von der Landstraße zum Dorf
führte, und blickete in die scheinbare Leere empor.

主人公の名前が、K. というらしい。それだけ。
フルネームにはなっていない。Kで始まる名前の略なのか。

もしかして作者自身カフカの K. のことを言っているのかもしれませんが、
詳しいことは全然分かりません。

雪深い、ある村にやって来た次第ですね。

わたしもやって来る。地元は街中の家庭医はとても繁盛しているので、
待合室はいつも患者さんたちで殆ど一杯。

壁際四方に用意された椅子は全部埋まってしまっている。
溢れた人たちはもちろん腰掛けられない。
通路に立ったまま自分の番が来るのを待っているのか、
行き場がないのか、その辺をぶらぶらしているのか、
そうしているのが気に合っているのか、
こういう公共の場、待合室では大きな声での会話は厭わられるかのようで、
大きな声で話している人も殆どいません。
待合室内に収まった子供連れのおかあさんは子供が勝手に喋ったり、
そこにあるオモチャで遊ばせておくといった次第。



      *    *

いつものように受付にやってきて、久しぶりに顔を出した。
何ヶ月ぶりだろうか。
いつもの受付の金髪の中年女性は、やって来る人たち、常連客(患者)たちの名前は全部知っている、
覚えているという特技をお持ちなのだろうか、この顔を見て、わたしの名前を即座に当てる。

「ドクターと話したい」と言ったら、何をかを感じたのか、
気を利かしてくれたのか、
「緊急ですか?」と受付の女性は聞いてくれた。

「そうです!」と言えば良かった、失敗した、と思った。

「いいえ」と否定的に言ってしまった後では遅すぎると猛反省。
覆水盆に返らず。

遅れ馳せながらも、気を取り直して、
「あのう、実は、、緊急なのですが」と取って付け足したようでは緊急性も感じられず、
再度、受付に足を運んで訂正を入れたとしても信じては貰えないだろう。



じつは Das Schloss の続きを聞き続けよう、
またそんな時間を持つことができるだろうと思っていたので、
医者との対面はいつもの通り長いこと待つことになるだろうと
意識が先取りしてしまっていた。もう慣れっこ。

毎度のこと、医院にやって来る目的を我ながら忘れてしまったかのような
世界に入ってしまう。

オーディオの時間が持てるということを意味するのか、
それとも医者に会うことを意味するのか。




           *    *

どうやらわたしの番がやってきたらしい。
何かを感じ取って目を開けて見るとドクターが待合室に現れて
お宅の番だよと、合図しているように聞こえる、いや、見える。

周りを見ると、椅子に腰掛けている人の数が減って、空いた席が目立つ。
もうそんなに時間が経ったのだろうか。
イヤフォンを取り外し、ゆっくりと長居してしまった椅子から立ち上がり、
診察室へと歩いてゆく。


目を瞑り、耳の中に入っている話に意識を集中していたのであった。
実は、意味の不明な単語やら、意味が不明な文も流れてきて、
その意味を確実に捉えることが出来ずに、だから話の流れがいつの間にか
あやふやになってしまい、なんだかけったいな話だなあ、
という印象を持ってしまったというのが何度も何度も同じ所を
繰り返して聞いていながらもヒヤリング力不足の所為か、理解出来ていない。

いつになったら読み終わるのか、いや、聞き終わるのか。
今年中か、何度も医者に掛かる身にはなりたくない。
医者必要なし、薬必要なし、といったそんな生活が続いて行くことを願う次第だ。

そのジョークとは、こちら→一般医にやって来た男
posted by austrian at 19:44 | オーストリアでの日々

三行の個人的な新聞広告




ERWIN 
Ich liebe Dich 
trotzdem!


 ザルツブルクで発行されている新聞。購読しないか、
 ということで2週間ほど、無料でサンプル配達されてきていた。

 その新聞の中、つい目が行ってしまった。
 新聞の広告欄で見つけた、3行の、短い個人広告。

 こんな広告もあるのか、面白い、と思ってしまった。
 いろいろと想像を掻き立てるかのような、ある特定個人への広告。

 Erwin という名の、これは男性だろう、
 ということはある女性がエルヴィンという男性にメッセージを送っているのだ。
 お互いに恋人同士であったのかもしれない。

 彼は離れて行ってしまったのだろう。
 自分からか、それともお互いの了解の下でか、それは分からない。
 彼女の方としては、エルヴィンに対する愛は変わらない、と伝えたいらしい。
 彼の心が変わることを願っているのかも。

 良く見ると、この個人広告を書いた人の名前、
 「誰々から」ということが記されていない。

 書いた人は誰ですか、などと例えば新聞社に電話を入れて問い質したとしても、
 多分一笑に付されてしまうだろう。
 個人情報の保護云々が、この際、ここでも問題になることだろうし、
 電話したとしても、答えは多分出んわ、教えては呉れんわ、となるだろう。
 だからわたしは最初から電話はしなかったが。

 しかし、まあ、よくぞ、誰もが目を通す、新聞に広告を出すことを思い付いたものだ。
 そのアイディアに感心するわたし。それが愛の告白なのか、確認なのか、
 どっちかは分からないけれども、誰もが目を通すであろう新聞紙上に、
 思い付いただけでなく、実行、発表するなんて、
 わたしだったらそこまでする必要を感じない。
 
 恥の文化を体中何年も吸収して来たわたし、
 しかも費用も掛かるというものだろう。
 愛に費用も恥じもないのかも知れないけれども。


        *   *

 オーストリアにはエアヴィンという名のついた男性が数え切れないほどいるということ、
 この人は知っていたのだろうか?

 いや、自分にとってはたったの一人だけ、あのエアヴィンだけ、
 ということは第三者が口を挟まなくとも分かり切ったこと。
 自分の胸の内にあるたった一人だけのエアヴィンなのかも知れない。

 新聞に広告を出さなければならないような緊急な事情があったからだ、
 とも考えられる。

 エアヴィン君は昔から毎日、この新聞を読む習慣だったということを。
 新聞に広告を出せば、多分、自分のことだと思い出して貰えるだろう。

 さて、エアヴィン君は彼女が発信した「個人三行広告」を読むだろうか? 
 それは分からない。彼は毎日欠かさず、この新聞を隅から隅まで読むか。

 私の場合、今回、無料の新聞だということで隅から隅まで読もうとしていたが、
 忙しい人にとってはそんなことをしている暇もないだろう。

 彼女はエアヴィン君から連絡を受けることが出来るだろうか?

 オーストリアにはたくさん、エアヴィンという名の男性がいることだろうし、
 その一人に彼女は最後の、最後の希望をつないだのかも知れない。

 オーストリアでの人間関係ドラマを見るかのような広告だ、
 と感心してしまった。
 
 ドイツ語も良く知っているドイツ語であった。Danke.

posted by austrian at 09:05 | オーストリアでの日々

電話では名乗らないの3?




電話がまた掛かって来た。

わたしはハンディーを直ぐ手に取って、受信用のボタンを押した。
一階玄関先にある固定電話とわたしのPC近くに置いてあるハンディーとは直結している。

「○○○○です」とわたしは直ぐにこちらから名乗った。
 相手の便宜を図った次第だ。

「ガチャン」

何だ!? 何なのだ、今のは!?
実はよく起こることなのだ。
こちらが名乗ったと同時にガチャン。
もちろん、ガチャンという名の人が名乗ったのではない。

こんな例は何度あったかもう数え切れないほど。
いわば勝手に電話してきて、こちらが受話器を取って名乗ったと思ったら、
一方的に切ってしまう。相手の声はまだ一度も聞いていない。

名も分からない、名も名乗らない人、名も名乗れないのかも、
電話が掛かるかどうか、たまたま我が家の電話番号で実験したのかも。
そんな節にとれないこともあるない。

そう、間違い電話をしたらしい。
それともいつもの聞き慣れた声ではなかったので、
電話を間違えたのかもしれないということで即座に切ってしまったのかも。
自分のことしか考えていないかのような電話主、
お主良くやるよ、と感心してしまう。

が、それを自分にはこそこそと逃れて認めていたとしても、
わたしには「間違い電話をしてしまいました、すいません」の
”間”も”す”も出てこない。

失礼千万! 無礼者! とわたしは良く感じたものだが、
何度もそんなことが続くと、そんなものなのかなあ、
とそんな状況を前にして自分に妥協してしまう。



          *  *

そこで電話が掛かってきたら、こちらからは名乗らずに、
そのまま無言で待つことにしたことがあった。

そーら、電話が掛かってきた。

受話器を取った。でも、何も言わない。
向こうの様子がときに聞こえて来る。
酒場から電話して来ていると分かるような雰囲気が伝わってくる。

電話を掛けて来た人、少々不安そうに聞いてきた。
「○○○○さんのお宅ですか?」

「はい、そうですが」

「奥様はいらっしゃいますか?」

「残念ながら、今席を外しておりますが」

「いつお帰りですか?」

いつお帰りですか、って、そんなこと、お宅には関係ないでしょう!? 
と反論したくもなったが、素直に当たり障りなく礼儀正しく? 応じた。

「分かりません」

「そうですか、じゃあ、また後で掛けなおします」

「そうですか、じゃあ、また後で掛けなおしてください。はい、さようなら」とわたし。


会話が終了した後、遅ればせながら、わたしは不思議がっているのだった、
今電話してきた人は誰だっただろう? 

名乗らなければ、名乗るようにさせる、
つまり名前を聞くというだけではないか。
またも名前を聞くの忘れてしまった、と。
電話修行がまだ足りないわたしを嘆く。

電話が掛ってきていたよ、と後でわが奥様に伝えたら、
「誰から?」

「知らない。名乗らなかったよ」

「だったら聞いたら良かったのに」

全くその通りだと納得、同意せざるを得ない。
関係ない人には名乗りたくないという人もいるようだが、
とも思ったが、そう言われてみれば、そうだ。

わたしもドイツ語での電話の受け方(そして掛け方?)の講習会に出る必要があるようだ。
オーストリア風電話応対の仕方、
そんな外国人用成人コースはあるのだろうか。




  *   *

一度、わたしの方から悪戯っぽいことを仕掛けた。
ハンディーのディスプレイを見ると掛けて来た人の電話番号が見える、ようになっている。
知っている人の電話番号、日本人女性だ。

それと知っているので、いつもとは違った風に応対した。

「ヨボセヨ!」

「・・・・ 」
と相手側は何の反応もない。

「ヨボセヨ! ヨボセヨ?」
とわたしはもう一度言い放った。

「・・・・・」
と相手側は別の人、ご主人に電話を渡したらしい。

「ヨボセヨ! 何々何々ダ 云々云々ダ」
と相手も負けずに外国語で応じてきた。

そんなに長く応じてきても、わたしはこの外国語の初心者で、全然聞き取れない。
電話では ヨボセヨ! といったヨボなことぐらいしかまだ応用が利かない。

相手もとぼけて、喋っている相手が誰であるかを察知したかのようで、
飽くまでも知らん振り、乗ってきて、どんどんと喋り捲くり出した。

この御主人、オーストリア人だが、実は韓国に住んだこともあって、
韓国語会話は母国語のドイツ語のように喋る人だ。

逆に一本取られてしまった。26022011
posted by austrian at 04:27 | オーストリアでの日々

電話では名乗らない2?


 「もしもし」と電話を掛けて来た人。

 「もしもし?」とわたしも応じる。

 「わたし!」

 「”わたし”さんですか?」とわたしは応じる、とぼけて。

 「何言っているのよ。わたしよ!」

 「だから、”わたし”さん、ですか?」

 「ねえ、好い加減にしなさいよ! わたしだってば!」

 「”わたしだってば”さんですか?」

 ”わたし”さん、”わたしだってば”さん とはわたしの奥さんのことだった。
でも、電話で聞く声はどこかいつもの声とは違って、
まさに”わたし”さん という知らない人が電話して来たかのように聞こえるのだった。

昼食を取りながら、口に何かを含みながら、
ちょうど今、時間が取れるからと、
わたしの声でも聞きたいのか、
それともわたしはもう寝床から起き上がっているのかと確認したくて、
電話して来たのかもしれない。

電話をするにも食べながらモゴモゴと電話をするとは、
とわたしはちょっと、そう、ちょっとだけ、
ネガティブに思い傾き掛けたのだが、
まあ、相手にも事情があることだろうから、
そうした電話の仕方も有り得るのだろう、
とちょっとだけ寛大な心で自分のことは諦めて、受け入れる。


こちらの人はどうして名乗らないのだろうか。
名乗らない人ばっかりにぶつかってしまっているのかもしれないが。

電話を掛けた先の人が、先に名乗ることをまずは期待している、といった風だ。
わたしはそのように理解し始めた。そのように教えられたこともある。
そうすれば掛けて来た人は間違い電話をしたのかしなかったのか直ぐ分かるから、と。
まあ、それはそれでよい。

誰もがハンディーを持っている御時世で、
特にオーストリアでは殆ど一人に一台という統計が出ていたのを
どこかで読んだ覚えがあるが、
だからハンディーからハンディーへ、
つまり特定個人から特定個人へと特定的な電話をすることが多くなっているのだろう。
直接本人につながると思っているらしい。
posted by austrian at 04:23 | オーストリアでの日々

オーストリア人の頻用挨拶言葉とは? 



リンツ発― オーストリア人は "Hallo" と言って挨拶することが一番多い。伝統的な "Grüß Gott" の使用は弱まっていたが、またまた広がりつつある。以上、リンツの Spectra世論調査機関によるアンケート調査で分かった。

男性はどちらかというとカジュアルな "Servus" または "Servas" を使い、女性は "Tschüss" をよく使う傾向にある。"Ba−Ba" というのはウィーンの人たち。"Pfiat Di" というのはウィーンでは知られていない、寧ろウィーン以外のオーストリア国内で使用されている。

調査結果↓

調査結果を古いデーターと比較すると、"Hallo" は20世紀から21世紀に入ってから著しく進出してきた。1999年にはたったの51パーセントの人たちに使用されていたのが、そうこうするうちに74パーセントとなった。

続きを読む
posted by austrian at 18:06 | オーストリアでの日々

15年前の結婚式でのちょっとしたイベント





何かを感じたのだろうか、背広のポケットの中に手を突っ込んでみた。
何かが入ったままだった。
ティッシュペーパーかそれともナプキン風のペーパーが四つ折りになったものが出て来た。
それから何らかの紙片も出て来た。

何だろう、この紙片は、と手に取って目を近づけて見ると、何かが記されている。
「本日(1999年9月11日)、私たち二人はリンツで結婚しました。
新婚のわたしたち二人は”おめでとう”のメッセージを
東西南北どこからでも下記の住所まで送って頂ければ嬉しい限りです」

なんだろう、一瞬不思議な思いになったが、直ぐに納得した。
前回参加した結婚式に着て行ったこのスーツは
当時の事情、状況の一部をそのままポケットの中に
大事に保存、保管されていたのだ。

ペーパーナプキンは多分、結婚式の後の、レストランでの食事の際の、
殆ど汚すこともなかったそれを後々何かのために利用出来ると思って、
四つ折りにして背広のポケットに忍ばせたと思われる。

そして小さな紙片は、結婚式が教会で終わった後、
参加者たちは皆教会の外に出て、
披露宴が催されるレストランへと三々五々、
といっても皆車で移動したと記憶しているが、確かではない。

レストランの外、一人芝生の庭で立食パーティーだったのだろうか、
それともレストラン内での食事の準備が出来るまでの、
外で待っていたのだっただろうか。
それとも外ではある仕掛けが待っていたのだろうか。

風船が参加者一人ひとりに配られていたようだった。
風船には細い糸で結ばれた紙片が付いていた。
紙片には何が記されていたのだろうか、あまり注意して見ることもなかった。

参加者のほとんどが紙片の付いた風船を手にした後、
合図と共に一斉に、皆一緒に風船を空へと飛ばした。

というか紙片を手離すと、風船は紙片をぶらさげたまま空へと高く、
それぞれが思い思いに適当な方向へと舞い上がって行った。

結婚したという告知を風船を飛ばして、
風船を天から地上に舞い降りてくるのを発見したり入手した人は、
紙片に記されたメッセージを読んだら、
そして結婚おめでとうの一報を私たち二人宛に希望する
といった文言が印刷された紙片だった。
それがスーツのポケットの中にずっと収まったままだった。


        *     *

           *
 
それだけのことだった。
どれだけ「おめでとう」の一報が届いたことだろうか。

紙片が15年間、スーツのポケットに眠り続けた、
それが目覚めた、いや目覚めさせられた。

それにしても配られた風船は上空へと飛んで行って消えてしまった筈なのに、
糸で括りつけられた紙片だけがポケットの中に残っていたとは
どういう事情だろう。

紙片だけを外してしまい、風船だけを飛ばしたわたしだったのだろうか。
当時のことはもう覚えていない。

つづく


どうぞお帰り前にワンクリック。
いつも応援ありがとうございます。
Danke! ↓↓

人気ブログランキングへ
posted by austrian at 21:25 | オーストリアでの日々

今回、結婚式に参加する前でのことだった、、



先月、結婚式に実に久しぶりに招かれました。

今回も身内の結婚式でしたが、
先回、我が奥さんの一番下の、妹さんの結婚式があったのがいつのことだっただろうか、
全然覚えていませんでした。
もちろんご本人たちだったら、特に妹さんだったら覚えていることでしょうね。
そしてご主人も、多分。


身内の結婚式に参加するのは、わたしにとってはこれで二回目だったと思います。
三回目も近い将来にあり得るかも知れないですが。

それはそうと前回、参加した結婚式が1999年のことだったとは!
どうして知ったのか、想像が付きますか。
多分、付かないでしょう。わたしも完全に忘れていました。
問われたとして、回答に窮していたと思います。
もちろん、ご本人たちに聞いた訳ではありません。
意識的に調べた訳でもありません。
インターネットで検索を掛けた訳でもありません。





          *   *

今回(2014年)の結婚式は冒頭でも触れましたように、5月でした。
既に一ヶ月前に招待状が郵送されて来ていました。

「結婚式には何を着てゆくの?」

我が奥さんは心配してくれる。
別に普段着で良いとわたしは思っていました。
新たに一回限りの結婚式参加のために新調することもないだろう、
前回の結婚式に着て行った上下の夏用スーツがあるではないか。
今回も着て行く積りでいた。

取り出して来て見ると、前回着て行った上下の夏用薄地スーツは
薄水色で近くてみると何となく汚れが付いているように見えたが、
洗濯屋に持ち込んで綺麗にさっぱりとさせる程でもないと思った。

それよりも先ずは試着して見なければならない。
ちゃんと着れるのか、ズボンはちゃんとチャックを閉めることができるのか。
取り出してきて、試着を試みました。
(試着を試みた? まるで馬から落ちて落馬した、と言っているようにも聞こえるではないですか!?)

それはさて置き、上下のスーツを試着しました。
鏡の前で自分の姿を映してみました。

両肩、両腕を腕体操よろしく左右、上下に振ってみました。
別に窮屈を感じる程でもない。
太ってしまって、特に腰回りが大きくなって履けないのではないかと
恐れたが、ありがたいことに杞憂であった。

ズボンの腰回りもそんなに窮屈には感じない。
年を取ると共に腹はぽっこりと出て来ていたと言えないこともないが、
それでも太る質ではないわたしのなのか、
当時の痩せていた時分に購入したスーツは
今日にあってもフィットするものであった。

つづく→15年前の結婚式でのイベント


どうぞお帰り前にワンクリック。
いつも応援ありがとうございます。
Danke! ↓↓

人気ブログランキングへ
posted by austrian at 18:37 | オーストリアでの日々

オーストリアのサウナ初体験、”裸の真理”2つ



         *   *

                  *   *


いわゆるイースター休暇が始まる前の週末、
オーストリアは有名な観光地 Salzkammergutにある、
ある保養ホテルに行って来ました。
温泉になっていますが、
日本人の感覚からすると全然熱くはありません。生温い!

 室内プールもあれば室外プールもある。
これから真夏がまたやってくると戸外プールは大繁盛することでしょう。

因みに、戸外プールのことをドイツ語では Freibad と称しています。
初めて耳にした時には”無料のお風呂”がオーストリアにはあるのか!? 
と思ってしまったことが思い出されます、思い違いでしたが。

 普通、どこの戸外プールであろうと周辺に広がった芝生の上では
水浴客たちの家族たちや友達同士が思い思いに時を過ごしています。
休養と日光浴と談笑といったところでしょうか。

勿論、男性は上半身、裸。女性は? 
多くの女性はビキニですが、芝生では上半身、裸という人も観察されます。

いわゆるFKKにいけば、
男性も女性も生まれた姿そのまま、右往左往していますね。
まるで見てきたかのように書いていますが、
わたしはまだ一度も行ったことも体験したこともありません。
が、Wellness Hotel に行けばそれに等しいことを体験できるというか、
目にすることが出来てしまうようです。



                *   *

Wellness Hotel と言えばサウナは付きものでしょう。
こちらがメインと言っても良いかも。

サウナにもいろいろなタイプがあります。
有名なフィンランド風サウナもありました。
勿論、体験しました。
こちらはとっても熱いです。
摂氏100度。直ぐに汗を掻きます。

女性専用のサウナと銘打ったちょっと匿ったサウナももありましたが、
つまり男性禁制のサウナもありましたが、普通はいわゆる”混浴”サウナになっている。
男性女性と区別しません。裸になってしまば、男も女も関係ないといったふうでした。

こうした保養を兼ねた滞在者たち、
特にサウナが目当ての人たちとは大体年配の人たちばっかり。
わたしはまずは一つ、この”真理”を発見しました。

もちろん、サウナ場へと行く人たち、特に女性たちは白い、または黄色い、
大きめなタオルやらマントを着て、肝心の場所を隠すようにして歩き回っています。

が、サウナの中に入ったら、もちろん、真っ裸。
男女とも同じ空間の中で一緒に汗を掻く。
それが気持ち良い。健康に良い。
汗を掻いている裸体をお互いにさらけ出しているとでも言えるでしょうか、
でもそれが何か!? といった風で別に何の不思議もない。



         *   *
                     *   *
                              

 続きを読む
posted by austrian at 04:50 | オーストリアでの日々

電話では名乗らないの1?



名乗らないのですか!? 

姿が見えないから?

電話が掛かってきたのだった。

 


別の電話が良く掛かって来た。

「○○君、いる?」

○○というのは我が息子の名前ではある。
 
我が家共有共用のハンディーを手に取ったと同時に、そうした問い合わせが耳元に飛び込んでくる。

我が家に電話をする人たち、つまりオーストリア国のオトナであったりコドモであったりするのだが、
電話をするオーストリアの人たちは、その電話で話したい本人がいわば自動的に直接電話口に出てくるものとでも思っている節があるようだ。

「ちょっと待った。君、誰? 名前は何と言うの?」

「××。○○君、いる?」

×× というのは電話を掛けて来た少年の名前だ。

どうして最初に名乗らないのか!? 
わたしはいつも不思議に思う。

名も言わずに、言えずに? 突然用件だけを言うとは失礼でないのか!? 
そんな電話を受け取って、わたしはいつもちょっと不快に感じる。
もっともその少年に向かって説教をするようなわたしではない。


「○○はまだ学校から帰ってきていないよ」

「あっそう。ガチャン」

あっそう、ガチャン、と続けて言わなかったが、そのように続けて耳に達した。
一方的に切ってしまう。
いや、切ってしまった。
取り付く島もない。あっそう、ガチャン。

で、電話に出たわたしは一体何者なのでしょうか? 
関係ないよ、ということなのかもしれない。本人じゃないのだから。

君はわたしの貴重な時間を奪っていたんだよ、分かっているの!?
とその子に向かって言いたくもなったが、早々と逃げてしまった。


オーストリアの子供たち(または我が息子の友達、と言い変えて置こう)は礼儀がない、
とわたしはそんなガチャンを耳に残しながら、つい思ってしまう。
学校では電話の掛け方を習わないのだろうか。または家で電話の掛け方を親に教えて貰わないのだろうか。
それとも親の真似をしているのだろうか。正におやおやだ。


オーストリアの人たち、子供たちは、とわたしは敢えて一般化したような書き方をしているが、
もちろん、オーストリア国の人たちは皆んながそうなのだ、などと断定している訳ではない。
が、ついつい、そんな風に一般化してしまいたくなる現象が日常茶飯事的に、いわば電話番しているわたしに限って起こる。

一般化する、しない、それはわたしの問題かもしれないが。
それで以って問題が解決されるというわけでもないのだが。





 「もしもし」と電話を掛けて来た人。

 「もしもし?」とわたしも応じる。

 「わたし!」

 「”わたし”さんですか?」とわたしは応じる、とぼけて。

 「何言っているのよ。わたしよ!」

 「だから、”わたし”さん、ですか?」

 「ねえ、好い加減にしなさいよ! わたしだってば!」

 「”わたしだってば”さんですか?」

 ”わたし”さん、”わたしだってば”さん とはわたしの奥さんのことだった。
でも、電話で聞く声はどこかいつもの声とは違って、
まさに”わたし”さん という知らない人が電話して来たかのように聞こえるのだった。

昼食を取りながら、口に何かを含みながら、
ちょうど今、時間が取れるからと、
わたしの声でも聞きたいのか、
それともわたしはもう寝床から起き上がっているのかと確認したくて、
電話して来たのかもしれない。

電話をするにも食べながらモゴモゴと電話をするとは、
とわたしはちょっと、そう、ちょっとだけ、
ネガティブに思い傾き掛けたのだが、
まあ、相手にも事情があることだろうから、
そうした電話の仕方も有り得るのだろう、
とちょっとだけ寛大な心で自分のことは諦めて、受け入れる。


こちらの人はどうして名乗らないのだろうか。
名乗らない人ばっかりにぶつかってしまっているのかもしれないが。

電話を掛けた先の人が、先に名乗ることをまずは期待している、といった風だ。
わたしはそのように理解し始めた。そのように教えられたこともある。
そうすれば掛けて来た人は間違い電話をしたのかしなかったのか直ぐ分かるから、と。
まあ、それはそれでよい。

誰もがハンディーを持っている御時世で、
特にオーストリアでは殆ど一人に一台という統計が出ていたのを
どこかで読んだ覚えがあるが、
だからハンディーからハンディーへ、
つまり特定個人から特定個人へと特定的な電話をすることが多くなっているのだろう。
直接本人につながると思っているらしい。
続きを読む
posted by austrian at 13:22 | オーストリアでの日々

一分間の、停電の怪


本日(020208)、午前9時20分、コンピューター画面に向かって、入力作業をしていたら、何の前触れもなく、突然、コンピューターのスイッチが勝手に切れ、コンピューター画面も真っ黒になってしまった。

それまでに入力していた文書が全部、パーっと消えてしまったかも、と大いに恐れた。

何が起こったのか!? 電気会社からの停電通知は前以て貰ってはいない。
我が家の電気供給システムに突然異変でも起こったのだろうか。 

ヒューズでも飛んだのか、と配電盤を確認するために一階に降りて行って、配電盤を開けて、確かめてみたが、別にヒューズが飛んでいるようでもない。


こんなことはオーストリアに住んでから、今まで一度も経験したことがない。
初めてのことだ。

停電なら停電と前以て、電気会社からの通知やら警告やら予告やらが届いて来ることになっている筈だ、今までの経験によると。

しかし、緊急の停電ということもあるのかもしれない。
その場合は顧客に通知する間もなく停電を決行してしまうことになるのか。
今回は正に晴天の霹靂、緊急停電ということか。

本日のこの予想だにしない、唐突な停電は一体全体なんなのか!?
停電だから停電であって、停電に対して云々する必要もないようだが、何か腑に落ちない。
落ち着かない。これからも頻繁に起こるのだろうか。

仕方ないな、と配電盤の戸を閉めて、自分の持ち場に戻ろうとしたら、食堂の方からカチカチと音が聞こえてきた。食堂にはステレオコンポが置いてあって、常時スタンバイの状態にしてあるのだが、このカチカチ音、CD装置に電源が入ったということだ。

この間、一分間ぐらいに思えた。

題して、一分間の、停電の怪。

コンピュータのスイッチを入れた。
案の定、作成中だった文書はパーと消えてしまっていた。
まったく何と言うことだ。恐れ入った。

電気会社に報告するためにも、今日は停電のことについて書くことになってしまったが、
作成中だった文書を返してくれ、と苦情を言っても返してくれないだろうし、
まったく、この停電、予想を、想像を超えている。
一度起これば、これからは予測はできないこともないが、
停電は稀なことと心得て生活している、コンピューター入力作業をしている

今となっては、想像することもできるが、こんなことも起こるのかとオーストリアでの、ちょっと不可解な事情をまたも学んでしまった。

これはひとり言。
この経験から何を教訓とするか、と言えば、入力する度に、即座にデーターを保存してくれるようになっていなかった。一語一語書いては保存、保存と手動でやっていけば良いのかもしれないが、それではちょっとかったるい。

この一分間の、停電の怪を初めて体験したということで、今後、同じことが何の前触れもなく起こったとしても慌てないように対応策をとっておくことを悟らされた。入力作業をまた最初から繰り返さなけらばならない、この苛立ちをどこへ持って行けば気が済むのか?

対応策をどうするか、今日一晩寝て考えて見よう。


続きを読む
posted by austrian at 16:47 | オーストリアでの日々

新発売の日本製デジカメを持ってオーストリアに移住




海外に移住するに当たっては、 日本からは何を現地に持って行くか、
何を持って行かないか、 何を選択し、何を諦めるか。 

何も持っていかない? この身柄だけを持って行く? 
あとは全て現地調達としようか? できるものなら奥さんも現地調達?

出来れば日本で使い慣れたもの全部を持って行きたいと思った。
確かに、現地で調達出来るものもあるだろう、
だから出来るだけ身軽で行きたい、
何故なら色々なモノを国際的に移動させるにも引越し輸送費用が嵩むことだろう。




         *   *

当地オーストリアへとやって来る前、日本での買い物は慌ただしかった。

オーストリアでは多分買い揃えることが出来ないだろうと予想して、
当時日本で発売されたばかりのモノ、 以下の通りを購入した。

(1)デジカメ(キャノン製)

(2)ノートパソコン(日本語のOS Windows95インストール済)(富士通製)

(3)ポータブルのPC用カラープリンター(キャノン製)

(4)ビデオカメラ(ソニー製)

(5)卓上蛍光灯(ナショナル製)

どれも新品を一括購入、リュックサックに背負って運んで来た。
よくぞ持って来れたものだと自分でも回顧して思う。
問題なく自家運搬出来る事になっていた?


日本製のファックス機も序に購入して、
スーツケースに入れて持ってこようかと思ったが、
PCにインストール済ソフトの中にファックス機能が付いている筈
だからということでファックス機は諦めた。
嵩張るし重たい。 

日本で長らく使用していた、愛着のある、
だから一緒に持っていきたかった日本製テレビも、
日本製ビデオデッキも、日本製自動洗濯機も、
日本製電気冷蔵庫も、日本製電気炊飯器も、
日本製自転車も、日本製ベッド、
日本製ソファーも、その他もろもろ
(もう思い出せないが、全部日本製)も、
日本では二束三文で売り払ってしまった。

マイカーは持っていなかったので、売り払うことは出来なかった。
アパートは借り物だったので売却出来ず、返却した。

冒頭の(1)(2)(3)日本製品はそのままオーストリアでも
何ら問題なく使用出来るだろうと考え (同じ先進工業国ではないか!?)
安心して日本で上記のデスクワーク製品を購入、
オーストリアに持って来たのだったが、
やはり想像力不足でもあったのか、何とかなるだろう、
といった風に気楽に単純に物事を捉まえて安心していたためか、
現地にやって来てみれば、初めて否定し難い幾つかの現実に直面しなければならなかった。





当時とは1997年。春、四月だった。
カメラといえば普通の一眼レフのカメラ等をまだ意味していた。
デジカメはまだオーストリア市場に出回り始めたばかり。

そのデジカメをオーストリアに日本を代表して持参、街中、
小さな液晶画面を見ながら写真を撮っていると、
ファインダーに目を近づけて焦点を合わせるという風でも無く、
ちょっと見慣れない仕方で写真を撮ろうとしていたからか、
つまり自分撮りをやっていたのだが、
両腕を高く掲げて液晶画面を見ながら写真を撮ろうとしていた、
そんな姿が珍らしかったのだろう。
カメラを自分に向けているのだから。

『何だ何だ、それ!? 新型のカメラか、見せてくれ!』

『触らしてくれ』

『どうやって撮るんだ?』等々、

色々と話題を提供する珍しいそうな新種のカメラであった。
わたしが持参したデジカメはメモリー容量が決まっていて、
一枚につき26KB前後、90枚ほど撮れるというもの。
電源としては1.5Xのアルカリ性電池4本を必要とするものだった。
掌で握るようにして持ち運びが出来る携帯型のコンパクト・デジカメ。

このデジカメを頻繁に使用するうちに、
この日本製デジカメは電池を物凄く食うということ、
しかも当地オーストリアでは電池一本、
つまりデジカメ補充用に4本セットを買うとしても、
日本よりもべら棒に高価であることを知った。

オーストリアでは電池が他のものと比較してみると何故か例外的に高い! 
ということで内心憤慨した覚えがある。
それだったら、日本から大量に持ってくればよかった、と。
まあなんとかなるだろうではなんとかならなかったことになる。

デジカメの利便さもさることながら、
3、4回使うと電池のパワーはもうなくなってしまい、
電池を食うだけでなく金食い虫になってしまっていた。

日本からデジカメを持ち込んで来ても
当地で調達出来る乾電池が結構高価ということでは
最新のデジカメを当地で使用するにも対費用効果(高価?)を考慮に入れると
このまま使いこなして行くのもちょっと高くつきすぎると考え、
デジカメの使用頻度も次第に減ってしまった。


当時、普通のカメラ愛好家たちの間でもそれなりのプロ的な視点から、
カメラ本体内臓型メモリーよりも取り外しが利くスティック型メモリーの方が良い、
とわたしに提案してきた人がいた。

今ではデジカメのメモリーもスティック型になっているのを見ることが出来る。
バッテリーも専用のモノが開発され搭載されるようになった。
普通の電池はひつようなくなった。
が、我がデジカメはこの普通電池を必要とするモノに留まったままだった。


オーストリア国内のカメラ市場では普通のカメラを抜いて、
デジカメが半分以上席捲するようになったという報道を昨年末だったか、聞いた。
店頭に並べられているデジカメを見ると、殆ど日本の会社のブランド製ばっかり。

当時、デジカメと言えば、世界では日本が始めて発売し始めたのではなかったか。
デジカメも改良に改良が加えられて、
デジタル画像も普通のカメラの画像と遜色のない素晴らしい出来映え。
そんな最新のデジカメが欲しい! でも、先立つ元手が手元にない。

余裕が出来たら、毎回電池を4本セットで買わなくともすむ、
別のデジカメを買おうと思っている。

(2003-10-28)続きを読む
タグ:デジカメ
posted by austrian at 23:27 | オーストリアでの日々

ブルックナーハウスでのアンコール


 アンコール! アンコール!
(ドイツ語では ”Zugabe!”、”Zugabe!”)と聴衆が叫んで要求することもあれば、拍手喝采をいつまでもいつまでも?求め続け倒しているかのような場合もあるのでしょうね。

 ブラボーと叫んでいる人もいます。また、耳にキンキンする口笛、いや指笛を吹く人もいるようです。
床を両足でドンドンと叩いて、この時とばかりに運動不足を取り返そうとするかのような人もいますね。
すべて私は体験済み。





            *   *

 2、3ヶ月前のことだったか、オーストリアはリンツにオーストリアの有名作曲家ブルックナーの名を冠したコンサートホール、Brucknerhausブルックナーハウスと称していますが、ドナウ川沿いにあります。わたしにとっては長い間、その建物は高嶺の花の如くただ外から眺めているだけといったわたしとは何の関係もない建築物だと思っていたものでした。

 ところが、何年かが経って、自分だってその建物の中に入って音楽芸術を鑑賞することが出来るようになったのか!? と自分の変貌ぶりにちょっと驚いていましたが、今では身近に芸術に接することが出来るような立場に立っているのだと理解出来るようになりました。
続きを読む
posted by austrian at 15:05 | オーストリアでの日々

パパパジャマは短パジャマ


   *   *

朝、起床してみると、痒くて痒くて堪らない。
惨めにも蚊に刺された後が赤く腫れている。
つい何も考えずに痒い個所をボリボリと掻いてしまう。

蚊に刺された後の痒み、睡眠中に刺されたことは火を見るよりも明らか。
蚊をいちいち見ることは出来なかった、寝室内はまっくらだし。

熟睡していたからのないか、何をされても、刺されても、そして刺されていても肌が鈍感になってしまっていて、というか意識がなかったからか気がつくこともなく無反応のまま刺されるままになっていた。

時々、夢を見ているかのような自分。
それとも半分は目覚めていたのか、それともトイレへと行く時間が来ていたのか、意識が戻り目覚めもはっきりとしてくる、と蚊が顔の近くを唸りを上げて飛んでいるのが聞こえるではないか!

唸りが止まった。
顔面のどこかに着陸したようだ。と同時手の平で顔面を適当に叩く。
命中したかどうかは確信は持てない、暗い中での半意識的な反応だ、ライトを付けて確認するまでもなく、
そのままベッドに横たわっていた。朝はまだ来ていないのだから、と。

両足、両手、両腕、顔と皮膚が完全にカバーされていない箇所には蚊の刺した後が幾つも見えた。

夏が来る度に、蚊の犠牲者になってしまう。



        *

パジャマ使用後感:サイズ洗濯選択を失敗してしまったようだ。
ちょうどのサイズだと思って買ったのだが、
実際に履いて、これで自己防衛が出来るぞと安心してベッドに入ってみると、
翌朝起きてみると、足首やら足の甲やらに喰い付いた後がいくつも見える。


次回はもっとサイズの大きモノ、つまり両足が全部隠れてしまう長さ、サイズのモノを選択しよう。
そしてもちろん汚れたら洗濯に出す。
短いモノよりも長いモノの方が利用価値が(わたしの場合に限ってだが)増すというもの。
長いものには巻かれろ、ともいう。巻かれるというか、身に纏う。そして外敵から身を守る。

実は上下のセットになっていたが、上のシャツは半袖であった。
長袖はないのかと探したが、なかった。
夏の期間中のパジャマ販売であったからだろうか、それにしてもズボンの方は長いので良かったと思ったのだが、そのまま半袖(Tシャツに等しいもの)を買ってしまった。

長袖は別のもので代用できるだろうと思った。
今まで半袖の寝着を着ていたのが、それも自己防衛のためにと長袖の下着を身につけるようになった。
蒸し暑く汗を書きながらの就寝を好むかのように。

両足は隠された、両腕は隠された、だから隠された肌のところには”吸血鬼”も諦めざるを得なかった。
が、隠されていない所がまだ他にもあるといことを臭いで感じ取ったのか。

もちろん、隠されていたからとて外敵は攻めてくることは出来る。全身の肌が外敵から隠されていなければならないかったのだ。

就寝中、時にうつ伏せにベッドに寝転がっていると、首筋が露わになる。
そこを目掛けて何匹もの蚊が襲ってきていた。

この両手の裏表もそうだ。顔面もそうだ。

「次は靴下を履いて、手袋をして、手拭いを首に巻いて寝るしかないな」と思った。


そうこうするうちにその年の夏は終わり、本格的な秋を迎え、蚊も姿を消してしまった。
毎年同じ事を繰り返して、ちょっと我慢していれば、いつかはこの状況も消えてゆく。つくづく自然に任せる自分、そんな自分はオーストリアで寝起きしていてもこの身、この心は日本人だと思えてきた。

蚊対策は消極的であった。
寝室の開け放たれて窓から勝手に侵入してきてどこか部屋の隅にでも隠れて、夜になると出没してくる蚊たち。蚊等の昆虫の侵入を防止するために寝室の窓にはネットが張り巡らされている。が、風雨に晒されたままになっているので、いつしか綻んできてしまっている、そんな穴等を目敏く? それとも嗅覚で見出しては寝室の中まで侵入してくるようになったのだろう。

実は寝室の窓にネットを設置しても、窓からの侵入はほぼ防げたとしても、ドアーが開けられれば、家の中、他の部屋等からの移動もあり得る。とにかく寝室は蚊の溜まり場になりやすくなっているようだ。

特にわたしの血が好物のようで、わたしは集中的に狙われる。
posted by austrian at 20:04 | オーストリアでの日々

パジャマパジャマ長パジャマ!?




日本語の早口言葉があります。
生麦 生米 生卵

この例に倣って、わたしなりの新たな早口言葉もどきものをタイトルにしました。
パジャマパジャマ長パジャマ!

黄パジャマ、茶パジャマ、赤パジャマ、パパのパジャマはパパパジャマ。
パパパジャマはパジャマのパジャマで長パジャマ!

   
    *  *

隣町のスーパーまで自転車を駆った。
木綿のパジャマを買った。
もちろん、男性用、自分用。


    *  *

チラシ広告:そのスーパーで今、パジャマが売りだされている。
それはチラシ広告を見て知った。

家には郵便局を通して、色々なチラシやら広告が届く。
毎週、定期的に。

オーストリアの郵便局の郵便配達人がオートバイや専用の黄色い車に乗って、各家庭に配っているらしい。

そんなことを発見して最初は面白いと思った。
日本にいた時には購読新聞の中にチラシが入っていた。
当地オーストリアでも確かに購読している新聞にも時々チラシが入っているが、目立つ程ではない。

後で自分なりに理解したのだが、郵便局もオーストリアの場合は銀行の資本が入っており、結局は儲けなければならないのだ。

チラシ等は正に文字通り散らしっぱなしにする、つまり手を付けることもなく、殆ど必要ないものばかりで直ぐにゴミ箱行きになってしまう。それでも一応さっ〜と目を通して置く。
世のトレンドを一応、念頭に入れておくという作業とも言えようか。

今までずっと入手したいと思っていたものがたまたまと言おうか、タイミング良くと言えようか、それが売り出される予定だと宣伝している。
そうすると特別に意識してチェックしておく。

発売日または発売期間中に店まで出かけて行く。
毎日の買い物というわけではなく、必要なものが売り出されると分かったら出かけてゆく。
いわゆる衝動買いはしない。目的買いのみ。



          *   *

パジャマ購入:そう、パジャマを買った。それだけのために往復2時間の自転車を駆った。
何故買ったのか。
これは自分にとっては絶対に、是非とも必要だ、これを身に着けていれば守られるだろうと思ったからだ。

何故絶対に、是非とも必要だと思ったのか。
今(当時)は夏が続いていた。そろそろ秋へと向かいつつあったが、それでも寝室の中、ベッドの上、掛け布団の下での睡眠はまだ蒸し暑すぎて、また肉体的に疲れていないためか容易には寝入れないことも度々。

とにかく、ベットに寝転がっても蒸し暑いから、睡眠中に布団を跳ね飛ばしてしまったりして、気がついてみると夜着のまま何らのカバーもなしにベッドの上に横たわっていた。

そうすると待ってましたということか、肌けた箇所に集中的に襲撃してくるのだ。
オーストリア人の中には裸のままで寝る人もいる、ということは一度当人に確認したことがあるので、そうなのだろう。

夏だから、蒸し暑いから、ということで半袖半ズボン風パジャマというのか、
寝着を身に着けて今まではベッドに入って寝転がっていた。

肌を曝け出すのは体温調整という観点からも意に叶ったもの。
蒸し暑さから少しでも解放されて、できるだけ快適に寝過ごせるのを期待している。




           *    * 

レジでのカード支払い:スーパーのレジでデービッドカードで支払いますと宣言して、
そのカードをカード読取り装置に差し入れようとしたら、
レジのおねえさんが、私の入れようが間違っていると見たのか、こう言った。
「        」

もちろんドイツ語で言ったのだが、ここに書きれようとしても何と言ったのか忘れてしまった。
何と言ったのか思い出せない。初めて聞いたようにも思えた。でもその意味は伝わってきた。

日本語で言えば、裏返して入れてください、ということになるのだろう。
それても前後逆にしてください、という意味で言ったのだろうか。
カードを読み取り器に差し込む方法としては裏表を別にするか、前後を別にするか、この4通りしかない。
が一つ一つ試す必要もない。レジのおねえさんは勝手をしっているから、直ぐに正しい方法で挿入することは了解している。

でも何度となくカード読み取り器の中にカードを差し込むということを機会がある度に体験しているのだが、裏か表か、前か後ろについてはハッキリとは記憶していない。毎回、手にしたカードを何の考慮もなしに差し込んでいる。正解でないときには何をかを言われるから、言われたらやり直す。

わたしはカードの表を上にして差し入れようとした。ダメだ、と。
そんなことはもう常識だという人もいるだろう。

わたしは毎日買い物に出掛ける主婦ではなく、時々だけ買い物に出掛ける主夫だから、
裏か表かいちいち覚えていない。
覚えたとしてもいつのまに次回の買い物の際には忘れてしまっている。

カードでの精算の仕方も分からないの? 仕方ないわねえ、
とそのレジのおねいさんがわたしのことを思ったかどうかは知らないが、
上にしたり、裏にしたり、やっとカードが認識され、支払いは済んだ。

レジのおねいさんが、links という単語を使って、表現したとは思えない。
別の単語を言ったようだ。

ひっくり返して、前後を逆にして、裏表を逆にして、この3つの表現の一つを使ったかと思われる。
方向を違える、変えることを表現する。          




       *   *

パジャマの包装の中身(ドイツ語解説):家に持ち帰って、透明のプラスチック袋から中身を取り出した。
中に一緒に入っている商品の写真やら説明を仔細に眺めていたら、ドイツ語ではパジャマとは言わない。
Schlafanzug と表現してある。日本語に訳せば、「寝着」だろうか。

ヨーロッパは他の国々でも同じものが輸出され売られるということなのか、
イタリア語では Pigiama、
フランス語では Pyjama、
オランダ語では Pyjama と表記されている。

ドイツ語の簡単な取り扱い説明を見ると、まず Separat waschen と出ている。
洗濯方法を指示しているのだろう。色物だから白物と一緒には洗うな、ということだろうと理解した。
尤も洗うのはわたしの役ではない。我が奥様が洗濯機を利用するだけのことだ。


           *

「新しく買ってきた衣類等は着る前に洗濯しなければならないのよ」と我が奥様が言う。
 どうしてそんなことを言うのだろう。
 昔からの伝統?

「そんなことしなくても、汚れた洗えばいいんだよ。電気と水を節約しなければ」
 
取り扱い説明には、 auf links waschen und bügeln とも記されている。
おやっ、と思った。
これはどういうことだろう?

別に難しい単語で書かれているわけでもない。
どの単語の意味は一応知っている。でも、3語一緒になった、
この指示 auf links waschen 、これは意味がよく取れない。
というより面白い言い方だと思った。

なぜ面白いと思ったのかというと、洗濯するに links 左、または左側とはこれ如何に? 
と思えたからだ。

左側に洗濯せよ? 
そんな風に文字通りには読み取れるけれども、左側にってどういう意味なのだろう。


          * 

ドイツ語で右、左、その意味:links という単語は知っている。 
links があれば、 reichts も序に思い出す。
auf rechts waschen という言い方もあるのかも。

auf links waschen とはどういう意味なのだろうか。面白い表現だと感心してしまった。

左側に向かって洗え? 左側へと洗って行け?
直訳しようとしても、全然意味が通じない。

auf links waschen und bügeln
左側に向かって洗え、左側に向かってアイロン掛けしろ? どういうこっちゃ。
こちら→薀蓄を傾けている、ドイツ語で。


posted by austrian at 12:16 | オーストリアでの日々

一日切符の購入を巡って(続き)


             *   *

家に戻ってきた。

自分の机の前に腰掛け、切符を取り出し、つらつらと眺めていたら、この切符は今日、今日という一日だけに使用できるように日時がプリントアウトされているのではないのかと思えてきた。
明日の使用のために買ったつもりだったのだが、明日の使用にはなっていように思えてきた。

どうなんだろうか。ああ、これは今日一日使用のチケットだと直感した。
取り替えて貰おう、と思った。
すぐに取り替えて貰わなければならない、と思った。
こんなの持っていても仕方ない。使うつもりは全然ないのだから。
間違って購入してしまったのだ。



             *   *

すぐにでもまた自転車を駆って、今度は隣町の駅舎まで急行しようと思った。

家の外に出て、ガレージから自転車を取り出し、出発しようとしていたら、お隣の奥さんがちょうど仕事から帰ってきた所だ。

車から降りてくる所を捉えて、訊いてみた。
さっき買ったばかりの切符を見せながら、これは今日使用用の切符でしょうかね?

チケットの表を見せ、裏を返しても見る。
彼女も確信を以って答えることは出来ないようだ。

と、裏側には電話番号が書いてあった。
コールセンターに電話できるようになっている。問い合わせができるらしい。

そうだ、切符を交換して貰うために直接駅に出向いて行く前に、電話して問い合わせれば良いのだ。無駄足を踏まずに済むだろう。

奥さんにもそう説得され、自分でもそう納得して、お礼を言った後、直ぐまた家の中へと戻った。

コールセンターに電話した。
只今コールセンターの電話は全部ふさがっています。次はあなたの番ですと録音済みのアナウンスが聞こえてくるが、いくら待ってもあなたの番はやってこない。

だったら直接駅に電話をして訊いてみよう。
電話番号をインターネットでサーチ。
どうも該当する電話番号は存在しないのか、隠されているのか、発見できない。

結局、駅への電話等の問い合わせは全部、一括してウィーンにあるらしいオーストリア国鉄のコールセンターに顧客からの問い合わせは集中化させているらしい、そのように思えてきた。

じゃあ、もう一度、コールセンターに電話をしよう。
まあ、またもおなじようなアナウンスを聞かされる。
録音されたアナウンス。
相変わらず全部の電話はふさがっていると伝えてくる。
次はあなたの番です。しばらくは忍耐してください、などとも言ってくる。

待てども待てども自分の番は回ってこないみたいだ。
結局、何度試みただろう、少なくとも3回掛け直したと思う。
毎回、同じような応対。待ってください、次はあなたの番ですよ。

あなたの番は待っていても回っては来ないようだ。
全国からの問い合わせにコールセンターの電話は塞がってしまっているのだろう。
まるで電話局に問い合わせの電話を入れた時と同じような状況ではないか。
コールセンターの電話数が足りないのではないのか。



         *   *

やっぱり隣町のWels駅まで直接出向いて、窓口で手続きをすれば良いのだ、と思いながらひたすら自転車を駆った。今回は結構急いだ甲斐もあってか40分程で目的地に到着できただろうか。

駅入り口横の自転車置き場に自転車を駐輪させ、直ぐに二階へとエレベータに乗って、切符販売、問い合わせ等のカウンターが入っているガラスドアーの向こう側へと、ガラスドアーは自動的に開いたので、何もせずに直進、カウンターの方へと進んで行くと、男性、女性の二人がカウンターに腰掛けている。

どちらにしようかなあ、と思っていたら、女性の方がわたしに声を掛けてきたので、女性の方へと向かった。

事情を説明、切符を切り替えて欲しい、と告げたら、
「それは出来ません!」

支払った代金を返して貰いたいのではない、明日から使える切符に変更して貰いたい、と告げた。
「それは出来ません! 新たに切符を買うしか方法はないです」

「お金は既に支払ってあるのですから、切符を代えて欲しい」

「それはできません!」

「支払った代金を返して貰いたいというのではなく、別の切符に交換して貰いたいだけですよ」

「できません!」

出来るものと思って自転車を駆ってやって来たのに出来ないという結論を知らされた。
気を利かしてくれたのか、引き出しから書類を一枚取り出して、手渡してくれた。
必要事項を記入してウィーンの顧客サービスセンターに郵送してください、と。

「支払った代金は返して貰えるのですか?」

「それは分かりません」

返して貰えないとも、返して貰えるとも、教えてくれない。
返して貰えるかもしれない、返して貰えないかも知れないということなのだろう。
どっちなのか。

自分が決めることではない、ということなのだろう。
だから「分かりません」ということなのか。

なんだかんだということで記入するにも一週間ちょっとが過ぎてしまったが、代金払い戻し申請書(FAHRPREISERSTATTUNG)ともいうべきものに必要事項を記入して、もちろん購入済みの、でも未使用の、本物のチケットを証拠物件として同封、ウィーンに向けて郵送した。

さて、払い戻されてくるのか。

拒否される理由はないとは思うのだが、
カウンターの女性の「分かりません」という返事がちょっと怪しく聞こえた。
何だかんだと知らない理由を付けて拒否してくるかもしれない。そんな予感がする。
それこそわたし自身も「分かりません」だが、、、、。




*   *

さて、喩え話として書いてみたい。

コールセンターに電話がようやくつながったとしよう。
わたしの番が回って来たとしよう。

どんな会話が展開されるだろう。
やはり、同じような展開となるだろうか、Wels駅のチケット販売窓口の女性係員と同じような顧客を喜ばせる満足させるサービスは余り重視していないような回答が返ってくるのではないだろうか。

顧客の問い合わせやら苦情に対してはあるパターンの沿った返答の仕方例文集が出来ているのではないかと。
一方的に顧客の言うこと何でもかんでもそう簡単には受け入れない。聞く耳はあるかもしれない。でも、受け付けないということが基本路線になっているのでは、と勘ぐりたくもなってしまう。
posted by austrian at 17:08 | オーストリアでの日々

一日切符の購入を巡って


地元の、無人鉄道駅まで出向いた。

チケット自動販売機で地元から隣の Linzまでの往復切符を買うためであった。

fahrkartenautomat.jpg

駅までやって来て見ると自動販売機の上の方に赤い大きめな字で何か書かれているようだ。
故障中とでも書かれてあるのか、
近寄って見ると、赤字で書かれた文が読めた。

プラットホームの改修工事中とのことで、列車の出発、到着ホームが今までとは異なった所に移動した、と。



そんなことよりも切符を買いに来たのだ。
ここに来る前に銀行のATM機から卸した20ユーロが一枚財布の中には入っている。
切符を現金払いで購入するためであった。

チケット自動販売機の画面にちょこっと手を触れた。

選択肢を幾つかクリックして、最後に代金をスロットに入れるように要求してくる。
財布から20ユーロ札を取り出し、挿入。
吸い込まれたと思ったら吐き出されてくる。おかしいなあ。
もう一度、試す。同じように吐き出されてくる。どうなっているのだ!?

よくよく画面を研究すると、20ユーロ札は受け付けないとなっている。
20ユーロ札の画像に×印が見えた。50ユーロ札にも同じ×印が見える。
最高でも10ユーロ札の画像には×印が付いていない。つまり10ユーロは受け入れるとなっている。

10ユーロ札は持っていない。わざわざ20ユーロ札持参したというの切符が買えない。
どうしよう?
諦めて家に帰ろうか。
ここまでやって来てまた振り出しに戻るのか。
10ユーロ札を準備しなければならない。

無人駅の前には人通りが殆どない。
わたし一人が自動販売機の前に立って、思案中であった。

ホームで働いている作業員たちの一人は砂利等を積んだ車を運転しながら、
すぐ近くを通って、外の公共道路のどこかへとその砂利等を捨てに行ってはまた空になった車を運転しながら帰ってくる。
何度か通過する度に、車の邪魔にならないようにと、自動販売機すれすれに通過して行くのを自動販売機の横に身を寄せて眺めている。

そうこうする内に、ついさっき列車が止まって、乗客が一人降りてきたのか。
待ち合わせしていた人が出迎え、一緒に道路脇に待たせている車に乗ろうとわたしの後ろを通過して行く。

あっ、そうだ、両替を頼もう、と思った時には二人は車の中に身を隠してしまった、そして車もすぐに出発。

わたし一人だけが、自動販売機の前で相変わらずうろうろ。どうしよう?
誰か別の乗客が現れるまで待っていようか。
待っていても誰も現れないようだ。

今はちょうど昼前の時間帯、列車の発着も希。1時間に一本といった塩梅か。
乗客としてやって来る人たちは見られない。

どうしよう、どうしよう、とうろうろしているうちに、プラットホーム工事をしている人たちの方に目を遣る。働いている人たちは財布を持参しながら働いているのだろうか。どうもそんな風でもないようだし、、、
何人かがユニフォームを身につけたままで仕事に集中しているようだ。

現場まで歩いて行って、仕事中すいませんが、ちょっとお願いがあるのですが、と訊いてみようか。
仕事中だ、邪魔をしないで貰いたいと言われてしまうかも知れない。

建物の壁に沿って、プラットフォームの左側の方を眺めたら、別の人たちが働いているのが見える。
とどこに潜んでいたのだろうか、目の前に一人だけが首をちょっとだして、多分監督者さんだろうか。
目で合図をしてその人に近づいた。

すいません、10ユーロ札2枚お持ちですか?
持っているという。
ちょっと躊躇しているようにも見えた。
自分の財布を取り出して、わたしが眺めていたら、くるりと背をこちらに向けた。
中身はみせないぞ、ということだろうか、それとも泥棒されないよう用心・警戒したのか、
それでもこちらに振り向き直して、2枚の10ユーロ札を手渡してくれた、
というか同時にこちらも20ユーロ札を出して両替は無事完了した。

10ユーロ札で往復切符も購入できた。
一日切符の購入を巡って(続き)→
posted by austrian at 01:49 | オーストリアでの日々

日本人ピアニストのコンサートチケットが当った

 
知らない人の名前で、メールが飛び込んできていた。

見慣れない人の名前には気を付けること、というのはインターネット上でのメールのやりとり、特に受信の際には警戒するようにというのが常識になっています。質の悪いウィールスがメールと共に送られてくる危険性が高いからだ、というのが理由ですよね。

だから、知らない人の名前でメールがやって来ると警戒するのは当然。
今回もちょっと緊張した、「あなたは当選しました!」という件名に絆されて何も考えずに直ぐにメールを開いてしまうなんていうことはありませんが、というのも既にメールは開いた状態でもわたしの目の前、モニター画面上に私が許可した訳でもないのですが、見える。でも普通のメールとはちょっと違った印象を受けた。

 まあ、アンチ・ウィールスソフトウェアはインストールあるし、何らの警告も出てこなかったのだし、ウィールス付きのメールではないのだろうと理解した。でも知らない人の名前だ。一度も見たこともない。

 メールの送信者名が読める。そして送信者宛も送信者名になっている。つまり自分で自分宛に送っておきながらも、わたしのメールボックスにも送っている、届いている。まあ、この手のテクニックは私も使ったことがあるので、それはそれで問題はないのだろう。


Herzlichen Glückwunsch!
Sie haben 2 Freikarten für das Konzert von "Mitsuko Uchida" am 16. Februar 2013 um 19.30 Uhr im Stadttheater Greif in Wels gewonnen.

 当選した? コンサートのチケット2枚当選した!?
 本当だろううか、とちょっと信じられない。

 当選しました、云々云々、といった件名の日本語メールを受け取ることも時々あったし、そんな文句で引っかけて釣ろうとする輩もいることだし、ドイツ語の世界でも同じような手を使って、相手を騙すような、受信者を釣ろうとする変なメールが届くようにもなったのか、と一瞬肩がかったるい思いになってしまった。



 
 インターネット上で検索してみると、結構有名なピアニストであるらしい、という噂は耳にしていたというのか、知っていました。でも一度もその作品を真剣に聞いたことはありませんでした。新聞紹介記事でも、世界的に有名な、という形容詞がその人の名前の前に付けられている。そんなにも有名な人の演奏が聴ける。



        *     *

 確か、締め切りの2日前頃に応募した。
 インターネット上で応募。手間も掛かりません。便利です。

普通はハガキに何らかの回答やら解答を記して、切手を貼って、そして投函するといったことをしていたのですが、今はそんな手続きもしない。面倒くさい。インターネット上で必要事項を記入して、直ぐに送付、応募できてしまう。そういう手軽さ、迅速性。


 気が向くといろいろとチケットの抽選に応募しているが、応募したことも直ぐに忘れている。
もしかしたら、という気持ちはいつも持ち合わせている、それを射幸心というのでしょうか、でも毎度のこと、殆ど当たったことがないので、応募しても当選することはないだろうと期待していませんでした。
では何故応募するのか? 当然ですね。応募しなければ、当選することは絶対にあり得ない。

 隣町にやってくる、という。何か用事があるといつも自転車を駆って行く隣町でもあるが、約40分間は掛かる。まあ、自転車運転には慣れているので、隣町までのサイクリングは朝飯前といった感覚、ちょっとした長距離だという気はしない。慣れた道、慣れた体、肉体的には年を重ねてきていても、まだ気が若いからか。

 例えば、ウィーンまで列車に乗って、2時間ほど掛けて、コンサートを見に行く、という話とは違う。往復4時間も掛けて、見に行くほどの大仰なこととは思われない。それほどまでに価値を置いていない、自分からどうしてもそれを見なければ死んでしまうといった風な深刻な気持ちはない。まあ、そういう価値観、見方しか出来ない、わたし自身の思考的限界であるといえば、それまでのこと。

 ある年の新年早々、ウィーンまでコンサートを見るために行ったことがあった。息子の長男が我々夫婦の為に、クリスマスプレゼントだと我々に内緒でチケットを買ってくれた。チケット代だけではない、ウィーンは近くのホテルに2、3日滞在できるようにホテル代まで出してくれた。

テレビで中継があるといつもその番組を見ている我々の姿を背後から見ていたのだろう。世界中、ヨーロッパ中を公演旅行している人気のバイオリニストとオーケストラ−だから、しかも今回はウィーンにやって来るということで、ちょうど良い、親を喜ばして上げようと大判振る舞いをしてくれたのだろう。

 買って貰った、プレゼントして貰ったということで往復4時間の列車に乗ってウィーンでのコンサートを見に出かけた、例外中の例外。現代のワルツ王と称される? アンドレ・リューのコンサートであった。


         *     *    

 当日の夕方、ウィーンの有名な大ホールは観客で満杯であった。もちろん、舞台の近くの席は高すぎて高すぎて購入出来るものではなかっただろう、そんなチケットを貰ってはバチが当たる。我々は野球場で言えば、外野席の更に後ろ、天井に近い場所であった。随分と遠い所から本人と本人のオーケストラ−が演奏するのを望見するという。いつもの聞き慣れた演奏。幸せな気持ちにしてくれるワルツの数々。思わず足もリズムを取っている。

 日本人ピアニストがやってくるその日の午後、、久しぶりに知り合いの日本人同士の食事会を持った。腹を一杯にした後、午後7時半からの開演ということで、現地を午後6時過ぎに出発、土曜日だったせいか、アウトバーンは空いていた。劇場前にはちょっと早めに着いた。

 中に入ると、正装した人たち、皆オーストリア人だろう、日本人は見えない。我々二人だけのようだ。我が奥さんは風邪で出かけられない、残念、ということで、食事会で同席の、別の奥さんを私は誘った。そのご主人の運転で劇場まで送って貰った。

 初めての劇場だ。小さな劇場だから、とそのピアノを弾くし、歌うし、ピアノを教えている知り合いの奥さんは教えてくれる。初めての劇場ではないらしい。以前にもここにやってきているようだ。でも、今回は無料だ、無料でコンサートに参加できる。

 無料だから、やってきたと言えないこともない、少なくともわたしの場合は。それに日常生活の中にどっぷりと浸かってしまって、芸術的な鑑賞という側面が欠けている。

 ウィーンに長期滞在している日本人のブログなどを時々目にして読むと、劇場通いをしている人がいる。何度といろいろなチケットを買っては芸術鑑賞の夕べを過ごされていることに、うらやましいやら、お金持ちだからできるのだろうか、と思ったりして、同じ日本人だとしても違った人種に属するのだろうと思ったり、そういう人もいるのだろうとその人の境遇の良さに背後で拍手を送っている。


              *     *

 開演前まだ時間があって、雑踏の中、何をしよう。まだ席に着けないのだろうか。我々のチケットは3種類のチケットでも購入すると一番安いチケットに属すものだった、自分一人で座席確認のために、また中がどうなっているのか、ちょっと確かめるために、ドアーを押して劇場の中へ入って行った。

 薄暗い。赤いライトが天井や壁から所々淡く照っている。だれもまだ入ってきていない。私が最初であった。やはり、席は2階、ドイツ語ではバルコンBalkon と称される場所だ。そこからは目の下、ステージが見下ろせる。すでにグランドピアノがその真ん中に一台居座っていた。


 劇場内、席は殆ど埋まった。埋まっていないのは我々が腰掛けていてBalkonだけ。後ろを振り向くと空いた席が見える。ほぼ満杯といえよう。600人収容の劇場とのこと。

 今晩の演奏者、ご本人が登場した。
 本物の本人が観客に深々と一礼、ピアノの前に腰掛けた。演奏開始だ。

 一番前の席、4席が空いたままになっているのが見えた。
 休憩時間に移動出来るのでは? と思った。その思いを一緒にやってきた奥さんにも伝えた。
 下に移動しませんか? 直に聴けるし、直に見ることも出来るし、、、。
 笑っているだけで、答えない。

 休憩時間が終わり、下をみると相変わらず4席は空いたままだった。そんな浅ましことを考えるのは私だけだったようだ。

 演奏者は実は12日にウィーンで同じようなコンサートをする予定になっていた。が、健康上の理由でキャンセルとなった。健康が回復したのか、16日の当日、演奏を聴くことが出来た、見ることが出来た。でも、何となく病み上がりという印象もなきにしもあらずであった。

 モーツアルトは演奏プログラムには入っていなかった。バッハ、シェーンベルク、シューマンの三人の作品、どれもこれもと余り聞いたことのない作品ばっかりであった。

 モーツアルトを期待していた観客と感じたのか、アンコールでは一曲、短めなものが演奏された。二回目のアンコールは実に短かった。30秒ほどだっただろうか。
ドイツ語の言いぐさというのか、Weniger ist mehr. が思い出された。

posted by austrian at 20:07 | オーストリアでの日々

新年に寄せて(新年の詩)


Neujahrsgedichte 新年の詩

Wünsche zum neuen Jahr
新年に当たって(ぼくは)以下のことを希望します

Ein bisschen mehr Friede und weniger Streit. 
Ein bisschen mehr Güte und weniger Neid.  
Ein bisschen mehr Liebe und weniger Hass. 
Ein bisschen mehr Wahrheit – das wäre was. 

もうちょっとだけ平和がありますように、争いが少なくなりますように
もうちょっとだけ良きことがありますように、妬みが少なくなりますように
もうちょっとだけ愛がありますように、憎しみが少なくなりますように
もうちょっとだけ真実がありますように −それだけです。

Statt so viel Unrast ein bisschen mehr Ruh. 
Statt immer nur Ich ein bisschen mehr Du. 
Statt Angst und Hemmung ein bisschen mehr Mut. 
Und Kraft zum Handeln – das wäre gut. 
余りにも沢山の騒がしさの代わりに、もうちょっとだけ静けさを。
自分のことだけをいつも主張する代わりに、君はどうかとちょっとだけ尋ねてみては?
不安と遠慮の代わりに、ちょっとだけ勇気を。
そして行動するための力を − それだけです。

In Trübsal und Dunkel ein bisschen mehr Licht.
Kein quälend Verlangen, ein bisschen Verzicht. 
Und viel mehr Blumen, solange es geht.  
Nicht erst an Gräbern – da blühn sie zu spät. 

陰鬱と暗黒の中にもうちょっとだけ光を。
傷つくような欲望は持たず、ちょっとの諦めを。
そしてもっと沢山の花を、可能な限りに。
墓場の前に花というのではなく、だって咲くには遅すぎるのだから。

Ziel sei der Friede des Herzens. 
Besseres weiß ich nicht.
目標として心の平和がそこにありますように。    
これに勝ること(ぼくは)知りません。

Neujahrsgedicht von Peter Rosegger (1843-1918)新年の詩、ペーター・ローゼガー作
 





    ×   ×

ペーター・ローゼガー  
何故か知りませんが、初めて知りました、お花(バラ)の商品名になっていますね。
オーストリア出身。
 

どうぞお帰り前にワンクリック。
いつも応援ありがとうございます
  ↓↓
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪↑ 
  
posted by austrian at 06:12 | オーストリアでの日々

ウィーンに泊まる



あるブログを読んでいたら、ウィーンのペンションに泊まったときの感想をとてもポジティブに書かれ、
同ペンションを薦めていました。
そこでは私は以下のようなコメントを綴りました。


ウィーンにはどこで快適に、そして格安で泊まれるだろうか、といつも気にしている。
その記事は自分も今度はそこに泊まりに行ってみようかという気にさせてくれましたが、、、。

一度、わたしもウィーンのペンションに家族全員で泊まりました。
インターネットで探しました。とても良さそうに紹介されていました。
何枚もの写真にはこんな有名人もここには泊まったとか、
あの日本人指揮者の小澤征爾さんと一緒の写真も載っていました。

でもネット上の写真で見た寝室と実際にこの目で見た寝室とは大違いでした。
写真はあまりにもきれい過ぎました。
部屋が気に入らなければ、取り替えても良いですとかなんとか壁に貼り付けてあったかなかったか、
もう覚えていませんが、あまりのギャップに内心がっくりした思いをしました。

どのホテルも、ペンションも自分のところへと泊まって貰おうとしていることは明らか。
ただ、”トリック”を使っての客引きはいただけませんね。


私が泊まったペンションはペンション・モーツァルト
モーツァルトの名に惹かれてしまったのかもしれませんが。
モーツァルトと同ペンションとは何らの関係もないようですが。
モーツァルトが知ったらどう思うことだろう、
オレの名前を勝手にペンション名にするとは、弁償せよ、とか。(笑)


褒めることは良いですが、宿泊者にとって”大満足”という場合もあれば、”大不満足”という場合もあるようです。
宿泊客それぞれ、異なった印象やら体験をするようです。
すべてのお客様を満足させることは出来ませんとホテル側、ペンション側は言うかもしれませんが。

こちらには”大不満足”の同ペンション宿泊者のコメントが書き込まれています。
ホテル代は現金払いを強要? なぜ現金払いを求めるのか? 何か裏がありそう、、。
まあ、2010年当時のこと。今は改善されているのかは知りません。この”大不満足”な方、
ハイドンの銅像?がある教会近くのホテルの方が良いよ、と奨めている。

確かに私もハイドンの銅像らしきものを見た覚えがあります。何でこんな所に立っているのだろうとちょっと思っただけで、
通り過ぎてしまいました。そういえばハイドンホテルとかハイドンペンションがその近くにあるのかも。
ハイドンのファンの人はハイドンの名前が冠されたホテルやペンションに泊まるかも。
わたしがもモーツァルトの名に惹かれて同ペンションに泊まってしまったように?


ウィーンでのペンション2泊だったか3泊だったか忘れてしまいましたが、自身の体験から、
これからは宿泊前にそのホテルやらペンションの評判を聞いたり読んだりして、
自分なりに前評価するようになりました。

泊まることに決めるかはもちろんいろいろな要素が咬み合っています。
大きな要素としては部屋代ですが、宿泊環境の快適さも求めたいものです。
posted by austrian at 23:19 | オーストリアでの日々
スポンサーリンク